30代、40代の男性がどうやったら若い女性にモテるのか、そのことだけをあらゆる角度から徹底的にアプローチします。

モテる男の特徴とは?男性がやるべきことはただ一つ

モテるための秘訣はたった一つ

まず最初に、モテるために一番重要なことを書いておきます。

 

それは、

 

自分を捨てて女性の立場に立って行動すること

 

です。
言い換えると「滅私」ですね。
全てはこれに尽きます。

 

簡単に言えば、あなたの本質的な部分には誰も興味なんてないんですよ。
世の中ってそもそもそういうものです。

 

なので、あなたが誰かに甘えたい、依存したい、俺のことを分かって欲しいなんて思えば思うほどモテなくなります。
女性からすれば、「知るかよ!」って話なんですよ。

 

甘えずに、女性が求めることを先回りしてしっかり演出することが重要です。

甘えた女性、理想の女性について考えてみる

これは男女逆に考えれば簡単に分かります。

 

例えば、自分に甘く他人から見られる意識の低い女性の中には、太っている女性もいるでしょう。
自分の個性を大事にしたいと言って、20代にもなって奇抜なファッションをしている女性もいるでしょう。
化粧をしてなくて、髪がボサボサの女性もいるでしょう。

 

こういう女のコを自分が好きになるかどうか。抱きたいと思うかどうか。
やっぱり、思わないんですよね。

 

例えぽっちゃり女性が好きな男性でも、ぽっちゃりなりに見栄えに気をつけて可愛くしているから好きになるんです。
アジアン馬場園みたいな感じ。

 

ぽっちゃりというより単にだらしないデブで、お尻は不潔でぼつぼつだらけで、いつもスウェットにサンダル履き、化粧がめんどくさくて眉毛がない女性をわざわざ好きになる人はあまりいないでしょう。

 

 

結局のところ我々は結構単純で、かわいくて、若くて、キレイにしようと努力していて、あまり遊んでなさそうな清楚なイメージがありつつ、自分にだけはノリがいい(笑)女性を好きになるんです。
個人の趣味・嗜好によってここから方向性は人それぞれ変わりますが、軸はブレません。

 

これは男女逆になっても同じなんですよ。

 

女性から見れば、かっこ良くて、おっさんっぽくなくて、清潔感があり、財力も含めて頼り甲斐があって、家庭を大事にしているけど私にだけは甘い言葉を囁いてくれる(笑)、こんな男性に興味が湧くわけですね。
単純なんです。

 

なので、そこに対してきちんと努力しているかどうかがとにかく重要。

 

多くのモテないアラフォー男性は、結局のところ上記の逆なんですよ。

 

・いかにもおっさん(見た目や行動)
・不潔、不衛生
・甲斐性がない、頼り甲斐がない、自分のことばかり考えている

 

自分でもそのルックスや言動はおっさんだと理解しつつ、ついつい甘えてしまって自分全開で行動してしまう。
オヤジギャグや下ネタが引かれることを分かっていても、ついつい言いたくて言ってしまう。
これではモテるわけがありませんよね。
この歳になるとわざわざそれを叱ってくれる人もいないですし、どんどんおっさんのぬるま湯に浸かっていくわけです。

 

女性がモテるためにしっかりと着飾るように、男だってモテるための演出をしてあげないといけないですよね。

ライバルのレベルが下がるから、簡単に出し抜ける

ちなみに、上記の中で「カッコいい(ルックス)」は正直どうにもなりませんよね。
持って生まれた顔は整形でもいない限り変えられない。
さすがに整形はハードルが高すぎですよね。

 

しかし、周りのアラフォー男性を見渡してください。

 

ライバルのレベル、めっちゃ下がってますよ?
昔カッコ良かったはずのアイツ、禿げ上がっておっさん丸出しですよ?

 

つまり、もともと大してイケメンでもない我々のようなタイプでも、ここから先はちょっと努力すれば簡単にライバルを出し抜けるわけです。

 

男は努力次第で30代後半からでも十分モテるので有利ですよ。
むしろここからが本番と言えるのかも。

 

女性の30代後半戦なんて正直どうにもならないですからねー。

甘えずしっかりと演出する重要性

つまり、アラフォー男性はやるべきことさえしっかりとやれば、ライバルがぬるい分簡単に出し抜けてしまうということです。
若い女性の中には年上好きの男性も多いので、そういう心理をうまく汲み取ってしっかり演出すれば、結構簡単に口説けます。

 

20代前半のやりたいだけに見えるガツガツした男よりも、30代後半の落ち着いて財力も経験もある男を好んだりするんです。
実際には表面的にガツガツしていないだけで、単純にやりたいという気持ちは変わってないんですけどね(笑

 

 

自分に甘えず、女性が求めている姿を可能な限り演出する。
これさえできれば、アラフォー生活は楽しさで溢れる毎日になることでしょう。

 

もういい大人なんですから、「自分を受け入れて」なんてスタンスは止めて、しっかりと演出することで自分の真の目的を果たせるように努力してくださいね。