30代、40代の男性がどうやったら若い女性にモテるのか、そのことだけをあらゆる角度から徹底的にアプローチします。

女性を褒めることの重要性。褒めベタな男が褒め上手になるコツ

女性を褒めるのは意外と難しい

モテるための初歩的なテクニックとして、「褒める」ということがあります。
でも、この「褒める」というのはかなり奥の深いもので、意外とうまく実践できない男性が多いのも事実だと思います。
あなたは人をうまく褒めることができますか?

 

 

私は元々他人を褒めるのが苦手でした。
仕事をしていても、どうしても他人の悪いところ、ミスばかり見えてしまうんですよね。

 

すると、コミュニケーションとしては「ミスを優しく指摘してあげる」という形になりがちです。
ただ、相手はそれを理解してくれず、「面倒くさいこと言われた」くらいに感じて悪い態度を取ったりしますよね。

 

その後はもう徐々に関係性が悪くなっていきます。
とてもじゃないけど褒めるなんて気分にはなれません。
いい加減にしろよって気持ちしかなくなってくるわけです。

簡単に褒められる重要な結論にたどり着く

仕事の話は置いといて、男女の関係でもこれに近い感じはあります。
いざ褒めようと思っても、ほめ慣れていないとどこを褒めていいのかさっぱり分からなかったりするんですよね。

 

適当に「かわいいね」とか褒めても、あまり実感がこもっていないように伝わったり、適当に褒めてる感じに伝わります。

 

これはまずいと思い、色々考えて私はある一つの結論にたどり着きました。
これはマジで使えますし、誰でも誰にでも結構使いやすいと思います。

すべて個人的な好みに変えてしまう

その方法は、「相手のことを自分のタイプだと思い込む」ということです。

 

実際には大して自分の好みの方向性の女性ではなかったとしても、このコがまさにタイプだと思いこめばいいんです。
自分の中の好みなんてのは自分の中にそっとしまっておけばいい。
目の前の女のコが常に自分のタイプだという自分への刷り込みです。

 

タイプだと思えば、もうどんなことだって褒められるわけです。

 

「目鼻立ちがしっかりしている顔がタイプなんだよね。めっちゃ好きな顔だわ。かわいい」

 

「どちらかと言えば薄い顔が好きなんだよね。俺的にはすげーかわいいと思う。めっちゃタイプ」

 

正反対でも簡単に褒めることができます。

 

「スレンダーなコがタイプなんだよね。あんまりおっぱいとか興味持てなくて。やっぱり細いと女のコって感じがしていいよね。ダイエットしてるの?」

 

「やっぱりちょっとぽっちゃりのほうが結局男は好きなんだよねー。抱きしめててしっくりくる感じ。ガリガリだと全然興奮しないんだよ」

 

目の前のコがタイプだと思い、その反対を軽くけなしてしまってもいいくらいです。

 

 

女性ってどんなにかわいいコでも、どこかしら自分にコンプレックスを持っています。
目が小さい、目が離れている、鼻が上を向いている、顔がでかい、口が大きい、太い、おっぱいが小さい、乳首が黒いとか。
大してかわいくないコであれば、尚更コンプレックスは多くて自分に自信が持てなかったりします。

 

そんな場合、真正面から褒めてしまうと「適当なこと言ってる」「よく思われたいために単に褒めてる」「いい加減」みたいな印象になりがちなんですよね。
自分でコンプレックスに感じているところを褒められても嘘くさくて嬉しくないわけで。

 

ただ、タイプ、個人の好みとなると違いますよね。
「この人はたまたまこういうのが好き」ということになるので、どんなことも真実に変わります。

 

例えばおっぱいが小さくて恥ずかしいと思っている女性でも、「痩せているのが好き。おっぱいが小さいコが好き。そもそもあまりおっぱいに興味がなくて、何でみんな巨乳に対してあんなに価値があるように言ってるのか分からん」くらいに言ってくれる人がいれば、「この人は私のコンプレックスを受け入れてくれる人かもな」と思わせられるわけです。

 

例え本当はとにかくおっぱいが好き、巨乳が好きなあなただとしても、せっかく目の前にかわいいスレンダーなコがいたらそのコが自分のタイプなんだと刷り込んでしまいましょう。
それだけで簡単に褒められるし、共感、同意できます。
これをされて嫌な気持ちになる女性はほとんどいません。

 

ただ、どうしようもないブスの場合とかは無理ですけどね。
「俺はかわいいコに全然興味がない。むしろちょっとブスのほうが好きなんだよね。ブスに踏まれたり屈辱的な行為をされると興奮するww」とか言ってもブスには何も響きません。
そもそもわざわざブスを落とす必要はないわけで。

 

褒めるというのは一般的な評価になるから難しいわけですね。
個人的なタイプ、趣味であれば、どんな場合でも大体対応できます。

自分を殺し、相手が求める男性になりきる

女性から見た場合、あなたの本心なんて分からないし、もっと言ってしまえば本心なんて興味はありません。
ぶっちゃけ、あなたのことなんてどうでもいいんです。

 

ただ、自分のことをよく思ってくれる男性に対して嬉しい気持ちを持たない女性は少ないというわけです。
でも、好きという気持ちをぶつけるだけのストーカー型恋愛はダメですよ。
結局それは単なる自己中恋愛ですからね。

 

何度も言ってますが、自分は殺してください。
「かわいいコとやる」という目的以外はすべて滅してください。

 

自分を殺し、相手の女性に合わせた新たな自分を作ってしまえばいいんです。
それだけでかわいい女子大生とやれると思ったら簡単なことだと思いませんか?