30代、40代の男性がどうやったら若い女性にモテるのか、そのことだけをあらゆる角度から徹底的にアプローチします。

おっぱいを揉むとき、揉まれる女性の立場になって考えたことがあるか?

誰もがおっぱいを揉んでいる

 

 

あなたは今までに女性のおっぱいをいくつか揉んできたことでしょう。
どれくらい揉んできましたか?

 

これを読んでいる人で、おっぱいを一度も揉んだことがないという人はさすがにいないと思います。
もしもそんな人がいたら、それはモテるモテない以前の問題です。
さっさと風俗でもおっぱいパブでも行って揉んできてください。
まずはおっぱいの楽しさを味わってきてくださいね。

 

 

あなたはこれまでに色んなおっぱいを揉んできたことでしょう。

 

大きいおっぱい、小さいおっぱい、中くらいのおっぱい。

 

硬いおっぱい、やわらかいおっぱい、弾力の良いおっぱい。

 

若くて張りのあるみずみずしいおっぱい、熟女の柔らかすぎるしぼんだ水風船のようなおっぱい、若すぎて熟す前の果実のような甘酸っぱいおっぱい。

 

言葉にして思い出すだけでちょっと幸せな気分に浸れるから、やはりおっぱいは偉大です。

 

 

あなたにとって今までの人生で最高のおっぱいはどれでしたか?
それはどんな大きさで、どんな感触でしたか?
どんなシチュエーションで、どんなふうに触った、揉んだのでしょうか?
ちょっと思い出してみてください。

 

ちなみに私の人生で最高の思い出おっぱいは高校生のとき。
まだあまりおっぱいを触った経験がない状態で、学年で一番人気のアイドルのEカップおっぱいをこれでもかと揉んだときです。

 

彼女ではなく友達だったんですが、たまたまそういうタイミングが訪れ、揉みしだきました。
あの興奮、しあわせ感は今でも鮮明に覚えています。
顔がニヤけるのをどうしても止められなかった。

 

「もうとにかくおっぱいを揉みたい!我慢できない!」

 

そんな人は今すぐこれを読んでください。

 

本当に女子大生と出会える出会い系サイトはあるのか?タダマンも可能?

 

仕組や出会いやすい理由、オススメサイト、タダマンタダおっぱい必勝法などをまとめましたので読んでみてくださいね。

 

▼圧倒的に売れてる増大サプリ

我々は必死になっておっぱいを揉む

思えば、我々は思春期の頃から誰もがおっぱいという存在を意識して生きています。

 

まだおっぱいを気軽に揉めなかったあの頃、クラスの女のコのおっぱいがたまたま背中や肘に当たったとき、意識を集中して感触を味わい、必死に記憶してオナネタとして持ち帰ったものです(笑

 

そんな思春期を過ごした後、大人になってようやくおっぱいを揉める自由を勝ち取ります。
とは言え、好きな女のコのおっぱいを好きなだけ揉める自由はなかなか手に入りません。

 

なので、たまたまその権利を手に入れると、我々は必死になっておっぱいを揉むのです。

 

その女性のおっぱいの全てを知り尽くそうと、まずは服の上から揉んで、ブラジャーの上から揉んで、生で揉んで、ときにはブラジャーを外してキャミソールは着たままのすべすべ感触を楽しみながら揉んで、前から揉んで後ろから揉んで、服を脱がしてビジュアルを楽しみながら揉んで回して持ち上げて、とうとう乳首をつまんでころがして舐め回して吸い付く。。。
とにかおっぱいの楽しさを味わい尽くそうとするわけですね。

 

 

前述した学年ナンバー1アイドルのおっぱいを揉んだときは、とにかくおっぱいに没頭したことを覚えています。
もうこの世の他の全てはどうでもいいとすら思いましたよ。
今この瞬間、このめちゃくちゃかわいいコのおっぱいが揉めればあとはどうだっていい。

 

それにしてもあのコのおっぱい、大きくて弾力があって柔らかいだけじゃなくて、肌もすべすべで最高だった。
学年で一番かわいい16歳女子高生のおっぱいが、大きくて肌までスベスベなんですよ。
これはヤバイに決っている。
なぜ天は彼女に二物を与えたもうたのか?

 

私の人生はあれで大きく変わったと言っても過言ではない。

おっぱいを揉まれている女性は何を考え、感じている?

なんで急にこんなおっぱいトークを始めたかといえば、モテるモテないの重要なポイントはまさにここにあるからです。
我々はおっぱいを揉むことがとにかく大好きなので、ついついおっぱいを揉むことに熱中します。
感触を楽しむことに没頭してしまうわけです。

 

ただ、そのおっぱい、特定の人格にくっついているんですよ。

 

つまり、男性がおっぱいを揉んでいるとき、その相手側には必ず揉まれている女性がいるわけです。
その女性は人形ではないので、揉まれているとき何かを考えている、感じているのです。
このことをどこかで忘れている男がどれほど多いことか!

おっぱいを揉む相手の人格を尊重できるか

モテない男性は結局のところ、自分勝手で自己中なんですね。
そういうのがちょっとした行動・言動からどうしてもにじみ出てきます。

 

相手の立場に立って物事を考えられない。
例え考えたとしても、その考えが独りよがりになっている。

 

モテない男性はおっぱいが触れるかどうかというとき、もう自分が触れるかどうかしか頭にないわけです。
触れた場合にはその感触を楽しむことにしか興味がなく、触れない場合は触れるように必死に説得したりするわけですね。
「自分がおっぱいを触りたい!楽しみたい!」という欲望を最優先してしまいます。

 

 

モテる男性というのは、このとき、自分の楽しみを優先しません。
女性の立場に立って考えることが自然とできるわけです。
もしくは意図的に自然とできているように振る舞う。

 

相手が触って欲しい空気を出せば触るし、触ってほしくないなら触らない。
これだけです。

 

これをかっこ良く言えば、相手の人格を尊重している、ということです。
おっぱいは物じゃない。

おっぱいを触られる女性の心理

ところで、おっぱいを触られる女性の心理はどんなものなのでしょうか?
相手の立場に立って考えてみてください。

 

恥ずかしい?
嫌だ?
嬉しい?
気持ちいい?
濡れちゃう?

 

 

答えは簡単、人それぞれです。
当然ですけどその女性、相手の男性、シチュエーションによって答えは毎回のように変わります。

 

例えば、おっぱいを揉まれて単純に気持ちいいかどうか?
これは本当にその女性によってバラバラなんですよ。
人間の感覚って結構個人差があるんです。

 

もともとおっぱいの性感が強い人は揉まれるだけで気持ちよくなってきて、「抱かれたい」というエロい気分が高まってきます。
おっぱい自体は特に感じず、乳首のみ極端に感じる人も多いです。
どうでもいい話ですが、私も乳首が極端に感じるので女性の気持ちが分かります。

 

普段は全く性感はなく、気持ちが高まったときだけ感じる人も結構いますよね。
女性は男性以上に心と体が繋がっているようです。

 

イク瞬間におっぱいをぎゅっとされると余分に気持ちいいなんて意見も結構聞きました。
これまたどうでもいい話ですが、私もイク瞬間に乳首をいじられるといつも以上に大量に勢い良く出ます。
相手に聞くと、その瞬間乳首がカチカチに硬直しているそうです。
女性も男性もおっぱいと性器は繋がっているわけですね。

 

性感自体は全く感じないけど、その雰囲気、イチャイチャ感が好きという女性もいます。
おっぱいを必死になって揉んでいる彼氏がかわいいなんてのもありますね。
自分が求められている心理的嬉しさ、みたいな。
女性はこういう心理的な部分はかなり大きいです。

 

逆に、揉まれると痛いからなるべく揉まないで欲しいという女性も想像以上に多いですねー。
あっち系の女性だと、「もう乳首痛いから触らないで!」と怒られます(笑
生理などの状態によって痛むので、そういうときは触らないでほしいというのもよくあるパターンですよね。

 

 

こんな感じでまさに千差万別です。

自分で考えて行動する大切さ

この複雑な心理に対し、我々男性は適宜対処しなくてはいけません。
空気を読み、先に先に行動することが求められます。
察する力ですね。

 

このとき、自信のない男はすぐに相手に答えを聞いてしまいます。

 

「キスしていい?」
「おっぱい触ってもいい?」
「脱がしてもいい?」

 

相手が聞いて欲しい心理のときに先読みして聞くことはありますが、基本的にはこんなのいちいち聞かれても「知らんわ!」ですよ。
間違っているかもしれないけど、自分で考えて行動しないと。
それを繰り返すことで勝負勘が養われ、冷静に相手が何を求めているのか分かるようになってくるわけです。

 

女性から「ちょっとだけ強引にして欲しい」という意見が出やすいのは、逆に言えばいちいち聞くんじゃねーよ、自分で考えろよと言われているのと同じです。
そうは言っても無理やりはダメですよ?

 

相手に精神的に依存している男性は基本的にはモテません。
もちろん、依存され自分も依存する共依存に嵌り込む女性もいますけどねー。

勝負の連続を楽しむ

相手の立場に立って考えるというのは、相手の言うことを何でも聞くということとは違います。

 

男性が自律的に自信を持って行動し、ときには多少の強引さが必要なときもありますよね。
そういうところで日和っていては良い女性からは相手にされないでしょう。

 

人間関係というのは、常に勝負しているようなものです。
これは仕事でもそうですし、恋愛でもそうですよね。
とは言えギスギスとした勝負をするのではなく、勝負そのものをお互いに楽しむことが大人の恋愛には求められます。

 

営業職を経験している人は分かると思いますが、営業という仕事には答えがありません。
対人コミュニケーションなので当然ですよね。

 

同様に男女関係にも答えはありません。
その中で相手の立場に立ち、相手の心理を理解しつつ、用意周到に先制攻撃ができる男性はやはりモテますよ。

 

多くのモテない男性は結局のところ、どこかで甘えて自分中心なわけです。
女性はそういうところにとても敏感な生き物なので、適当に繕っているだけでは簡単に見破ってきますね。

 

女性を馬鹿にせず、過剰にビビらず、まずは対等に勝負の場に立ってみることが重要です。

 

 

今度おっぱいを揉むときには、相手がその瞬間に何を考えているのか必死に考えてみてください。
新たな世界が見えてくるかもしれませんよ?

 

かわいい女子大生のおっぱいを思う存分揉みたいなら、出会いを分析・攻略するべきです。

 

女子大生との出会いの中で、私が一番効率が良いと思うのは「出合い系サイト」です。
その仕組や出会いやすい理由、オススメサイト、タダマン必勝法などをまとめましたので読んでみてください。

 

本当に女子大生と出会える出会い系サイトはあるのか?タダマンも可能?