30代、40代の男性がどうやったら若い女性にモテるのか、そのことだけをあらゆる角度から徹底的にアプローチします。

かわいい女子大生にモテるための準備を一覧で紹介

絶対にモテる裏ワザはない

モテるため、女子大生と楽しくハメハメするためにはやはり準備が重要です。

 

モテるというのは人と人とのコミュニケーションですので、「◯◯すればモテまくり」みたいな裏技的なものはありません。
日頃からのコツコツ準備が重要になります。

 

このサイトでは、「どうしようもなくモテない人」という人は正直に言って読者として想定していません。
そういう人をモテさせるというのはぶっちゃけ無理です。
もしもそういう塾があるならそれは詐欺ですよ。
生まれ直さないとモテません。

 

これは恋愛に限らず、「どうすれば金を稼げるのか?」とかでも同じですよね。
「どうしたら勉強ができるようになるのか?」も同じでしょう。

 

結局、元からの大きなハンディは跳ね返せません。
ビジネスセンスが0の人にビジネスを教えて敏腕社長にさせるなんてのは絶対に無理です。

 

勉強だってビリギャルという映画が流行っていましたが、そもそもどうしようもない馬鹿だったら偏差値を上げるのは無理ですよ。
素養があるけど全く勉強をやっていなくて偏差値が低いという状態だからこそ、一気に偏差値が上がるわけですよね。

 

単純な話、勉強ができる人でもテストを白紙で出せばいつでも偏差値30になれます。
偏差値70は賢さを示す指標になりますが、偏差値30は馬鹿さを示す指標にはなりません。

普通の人は準備さえすればモテる

話がかなり逸れてしまいましたが、モテるってのもそもそもダメな人はダメです。
モテる云々の前に、人としてのコミュニケーションが下手すぎる人がいますよね。
これは色んな要因があるのであまりきついことは言いたくないんですが、残念ながら改善は不可能です。

 

ただ、通常のコミュニケーション能力は全く問題ない、だけどあまりモテない人というカテゴリーの人はしっかり準備すればいくらでもモテるでしょう。
いくらでもと言っても芸能人を落とせるわけはありませんが、私のようにかわいい女子大生とたくさんセックスすることは余裕でしょうね。

 

ですので、こういう方を想定読者として、どのような準備をしていくべきかを解説していきます。

キモチワルさという違和感をなくす

一番最初に重要なことは「違和感をなくすこと」「キモチワルさをなくすこと」ですね。
女性はコミュニティで生きる動物ですので、男性以上にこの「違和感」に対して強く反応します。

 

男同士であれば、「まあ、こういう人もいるでしょ」くらいのところを、女性はサラッと拒絶します。
女性のコミュニティにおけるイジメ問題も、この辺の心理が働いているわけですね。

 

 

なので、特にかっこよかったり、気の利いたことを言えなくてもいいので、まずは「普通」「無難」を自由に演出できるようにするというのが基本中の基本です。
プラスの部分は後からいくらでも付けられるので、まずはマイナスを出来る限りなくそうということですね。

 

これが意外と多くの男性ができていないんですよね。
簡単にいえば、「これくらいは許されるだろう」と世の中に対して甘えてしまっているわけです。
別に甘えるのは自由なんですが、それで女性にモテようというのは虫が良すぎます。

具体的な準備の基礎

この違和感はありとあらゆる場所で出てきます。
顔、髪、服装、しゃべり方、態度、コミュニケーション、考え方、においなどなど。。。

 

この辺を無難にまとめ上げて、とにかく出来る限りマイナスを消し去れば第一関門突破です。

 

ライバルはこの第一関門で簡単に死んでいきますので、ここさえクリアすればぶっちゃけあとは確率と出会い方(演出)の問題だけです。

 

 

顔で言えば、作りはもうしょうがないとして、小奇麗にしているかどうかですね。
例えば眉毛やヒゲを整えるだけでも清潔感はグッとアップします。

 

ベタつくのであればあぶらとり紙やフェイシャルシートを常に用意すればいいですね。
おっさんが人前でやっていると自意識過剰感ありまくりなのでw、トイレとかでこっそりやればいいです。

 

 

髪(髪型)は結構差がでます。
やはり重要なのは「無難に似合っている髪型をしているかどうか」ですね。
自分を知っているかどうかとも言えます。

 

よく、意味もなくオシャレでもないロン毛の男性いますよね。
これはもう気持ち悪いに決まっています。
当たり前でしょ。

 

あとはワックスとか付けて自然にしていればいいだけです。
おっさんくさい髪型だと途端にモテなくなるのでアラフォーさんはご注意を。

 

あと、ぶっちゃけハゲはきついですね。
何だかんだで違和感のカタマリなので。
実は私も禿げ始めているので、この問題は結構重い問題です。。。

 

 

服装も無難でいいですよ。
アラフォーなので、オタクっぽかったり、おっさんくさ過ぎるのがダメですね。
また、奇抜で妙に若作りな感じもヤバイです。
そういう自称イケメンみたいなおっさん、たまに歩いていますよね。

 

ああいう人は一部の人からは受けるのかもしれませんが、一般受けしにくいのでご注意を。

 

 

しゃべり方や態度は「横柄でない」ということが一番重要です。
かと言って、声が小さかったりキョドっていたらダメですね。

 

そういう人は論外として、やはりアラフォーくらいになるとついつい横柄になるんですよね。
そういう違和感に女性はとにかく敏感なので、気をつけてください。

 

女性の「男性の嫌な行動ランキング」で常に上位にいるのは、「レストランなどで店員に横柄な態度を取る」です。
すげー小心者、小物感が出ちゃうんですよねー。
男から見ても「普段仕事で逆の立場で鬱屈してるんだなww」と思っちゃいますからね。
ダサいのでやめましょう。

 

 

意外と重要なのはにおいの問題。
アラフォー男性はにおいの三重苦らしく、汗臭い、加齢臭、そして最近出てきているミドル脂臭なる言葉もあります。
このすべてが出てしまうのがアラフォー前後なんですよね。

 

「自分はくさいにおいのカタマリ」という意識を持ち、とにかくにおいに注意しましょう。
過剰に注意してちょうどいいくらいです。
それくらい、アラフォー男性は全体的に臭いですよ。

 

 

考え方としては「自己中がダメ」ということに尽きます。
理屈とかどうでもいいので、とにかく自分を演出する意識を持ってください。
ストレートに言えば、本来の自分なんて一つも出さなくてOKです。
そういうのを出そうとすると大体自己中な考え方になってしまうので。

 

かわいい女子大生と楽しく気持ちいいことをするために、それくらいは我慢できませんかね?
もしできないというならあなたは一生モテません。
だって、そういう仕組みなんだもの。

随時更新していきます

今後、これらのテーマについて1つずつ深掘りして書いていきます。
モテるための準備をしっかりとすることで、美味しい果実を得られるように頑張ってくださいね。